部室

アクセス


 天文研の部室は神楽坂校舎2号館5階、2534部室と2533部室です。
 2号館1階奥のエレベーターで5階に上がります。 エレベーターを降りてそのまままっすぐ進み、突き当りを左に曲がると天文研究部の看板が見えます。 気軽に入ってきてくださいね!
 写真はクリスマス仕様です。

看板

部室


 天文研究部は2つの部室を保有しており、一つは部室として、もう一つは倉庫として利用しています。 屋上ドームへは歩いて1分です。
 窓を開ければビルの隙間から空が見え、星がみえたらすかさず屋上ドームへ向かいます。
 部室の掲示板には事務連絡だけでなく観測データや写真がたくさん貼られています。 上がったばかりの最新のデータや写真を見ると、 周りの部員が頑張っていることに刺激を受けます。 時には撮影されたばかりの写真の下で、三門帰りの部員が寝ていることも。
 カレンダーには部の行事や学校行事のほか、月齢や天文現象、部員の遠征計画、 そして部員の誕生日もしっかりと書かれています。

部室

部室

倉庫


 天文研究部では非常に多くの機材や観測資料を保有しています。 そのため部室の一つを倉庫として利用しています。
 倉庫には膨大な観測データをはじめ、プラネタリウム機材、合宿用の食器、 暗室用品、過去の天文研の出版物などがぎっしりと保管されています。 必要な資料を探し出したら隣の部室でゆっくり読むことができます。

倉庫

各代のノート


 天文研では各学年ごとに一冊のファイルを作っています。 入学年度ごとに、例えば2008年入学の代は「08ノート」と呼ばれます。
 新入生が入部して最初にやること、それはノートの自己紹介欄を書くことです。 みんなの自己紹介で始まるノートはやがて日記帳になり、 いつの間にか綴じれないくらいのルーズリーフが溜まっています。 天文研で過ごしたみんなの日記帳です。 卒業するころには思い出がたくさん詰まったノートが出来上がっていることでしょう。

ノート